広島カープ丸選手、右足の症状は?入院?衣笠追悼試合で途中降板!

この記事は約 4 分で読むことができます。

こんにちは!
ようこそ!ネタ速報.xyzへ!

4月28日は、広島カープの「鉄人」とも呼ばれていた
衣笠祥雄(きぬがささちお)」選手の追悼試合。

阪神戦でしたが、見事広島カープは「衣笠さん」のために勝ち取ってくれました!

最初はヒヤヒヤものでしたが、復帰した鈴木誠也(すずきせいや)選手が大活躍!

満塁ホームランにタイムリーヒットと、
復帰した証に大きな収穫を得てくれました!

しかし、そんな中気になるのが、
「丸選手」の怪我。。

試合が終わった今、どんな症状なのでしょうか?

[スポンサードリンク]


丸選手はどこで怪我をした?

丸選手はスタメンから出場。

今日の先発投手はジョンソン」投手。

安定のジョンソンかと思われていたけど、
まさかの初回から阪神に「2点」を許してしまいます。

その2点を追うことになった広島カープでしたが、
3回裏で大チャンスが訪れます。

阪神の先発・小野投手のフォアボールの多さもあり、
丸選手がフォアボールで1塁に立つと、満塁に。

そこで登場したのが、
「4番:鈴木誠也」選手!

最初は力が入っているように思えましたが、
見事カーブのボールを打ち上げて、満塁ホームラン!!

一気に「4−2」の逆転に!!

[スポンサードリンク]


次の松山選手も塁に上がって、
結局、その回は「5−2」で、広島逆転の試合に☆

これでもう安泰かと思われた「5回表」で、事件は起きました。

ジョンソンが4回に三者凡退というストレートだったので、
このまま調子が出てきたかな?と思ったのですが、
まさかの阪神・糸井選手の2ランホームランを浴びることに。。

ここで一気に点差は「1点差」

しかも、まだノーアウトだったので、
ちょっと厳しい状況だったんです。

しかも次の打者は「4番:ロサリオ選手」

いやいやいや・・・

打たないで。。

という思いのなか、ヒットが・・・

しかも、次のヒットが出ると、
一気に3塁まで走るという追い込まれた状況。

広島カープファンにはちょっと息を飲む展開になりました。

ここで、阪神選手は1点を入れるために、
大きな犠牲フライを打とうと企みます。

その犠牲フライを打ったのが、「大山選手

大山選手は、センターに高く打ち上げます。

その打ち上げられたボールに必死に食らいつこうと前に出る「丸選手

丸選手は、なんとかボールをキャッチしますが、
体勢が崩れて、一回転した後にボールを投げます。

ここで投げる場所といえば、ロサリオが帰ってくる
ホーム」です。

しかし、丸選手はセカンドにボールを渡します。

ここから丸選手の異変が勃発。

一見、何でもなさそうな回転でしたが、
ボールに食らいついてダイビングした時に、
右膝を強打した様子。

一旦、ベンチに帰って冷やすくらいで復帰するのかな?
と思っていましたが、
結局、野間選手と交代で、
それ以降丸選手がグラウンドに出てくることはありませんでした。

丸選手のケガはいったいどんなものなのでしょうか?

[スポンサードリンク]


丸選手の怪我は「右ハムストリング筋挫傷」と判明

丸選手の怪我は、
右ハムストリング筋挫傷

という症状だということがわかりました。

よく野球選手が、
ハムやってしまった・・・

ということがあるそうですが、実はこのことだったみたいですね。

でも、「ハムストリング」というのは病名ではなくて、
体の部位を表しています。

ハムストリング」は、日本語でいうと
太ももの裏」の部分を指しています。

太ももの裏はよく、「肉離れ」などを起こしやすい部位ですが、
筋挫傷」はまたちょっと違うみたいで、
何かにぶつかった時に、筋肉が損傷して、
足が腫れたり、内出血を起こしたりします。

圧迫した感覚があるので、膝を曲げたりすることが困難になるそうです。

丸選手の痛そうな感じは、
膝からの痛みなのかな?と思っていましたが、
膝ではなくて、ももの部分だったんですね。。

丸選手の「右ハムストリング筋挫傷」は、
軽度なのか、重度なのかの度合いはわかりませんが、
これからゴールデンウイークの
広島カープ「9連戦」を
どうにか乗り越えられるような症状であってほしいですね。。

[スポンサードリンク]


広島カープ丸選手の復帰はいつ?丸選手の代わりは誰?