広島カープ・中崎投手はベースを踏んだ?それとも誤審?守りの中崎が不調で2軍決定?

この記事は約 3 分で読むことができます。

こんにちは!
ネタ速報.xyzへようこそ!

いよいよセ・パリーグ交流戦が開幕しました!

注目の広島カープは、初戦はパ・リーグ首位である西武との対戦でした。

2日目のマツダスタジアムの対戦で、なかなかいい試合を行っていたのですが、
広島カープが逆転勝利!と思ったところで、中崎投手が同点を奪われるという展開に。。

そのあと、中崎投手にが行った行動に意見が出ています。

さて、誤審なのか否か?

[スポンサードリンク]


セパ交流戦の相手は西武!結果は?

広島カープの初戦は、地元・広島の三次市という広島県内の北部にある小さな野球場での開幕戦となりました。

そこではなかなか思うように西武ライオンズとの差を縮めることができずに敗退。。

その2日目は、マツダスタジアムでの対戦だったのですが、
なんと途中から大雨が降り出し、一時中断。

「このまま中止じゃない?」

と誰もが思っていましたが、なんと雨がだんだん上がっていって
30分後には試合再開。

この時点で、西武とカープは「4-4」の同点でした。

ここから、さらなる大きな試合展開が行われます。

最初の展開は「西武」でした。

西武・金子侑がタイムリーヒットを放ち、カープは「4-5」と逆転を許してしまいます。

しかしここで泣かないのが広島カープ。

7回の裏に、広島カープ・松山選手が2ランホームランを放って一気に逆転!!

このまま守りきれば「カープの勝利!」というところで事件はおきました。

[スポンサードリンク]


中崎投手はファーストを踏んだのか?

中崎投手が「最後の守り」として登板したのですが、
ここで中崎投手に異変を感じます。

西武は代打として、「元4番・メヒア」が打席に入ります。

そのメヒアに対して、「ボール」の数がひどく、ストライクゾーンに入ることがあまりありませんでした。

しかし、「2ストライク」になったときのこと。

少しボールをゆるく投げたところをメヒアは見逃しませんでした。

一気に打ち込んで、すぐにホームラン!!

まさかの展開に広島カープファンも唖然です。。

そこで逆転されることなく、早くこの回を終わらせてほしいと願っていると、
中崎投手も負けていられなかったのか、着実に「2アウト」をとります。

しかし、バッターも出塁しているという緊張の瞬間。

ファーストゴロを取り、その間に中崎投手がファーストに走ってボールをもらってファーストのベースを踏んでチェンジに・・・

という展開だったのに、審判の目には、
「中崎投手がベースを踏んでいない」
ように見えたようです。

そこで「セーブ」を申告していましたが、
誰も「ビデオ判定」をすることもなく、
中崎投手自身もベンチにアピールすることはありませんでした。

そこで、本当に「踏んでいないのか」「踏んだのか」の本当のことについて、
広島カープファンは、イライラとしてしまっています。

[スポンサードリンク]


広島カープの根気は終わらなかった!

この試合、広島カープの「完全敗退」と思った広島カープファンは多いハズ。

しかし、ここで終わる広島カープじゃなかったんです!!

実はこのあと、アドゥワ投手が大きくヒットを取られてしまい、
「7-4」と大きく点差を離されてしまい、
「もう今日は終わりなんだな」と感じて帰っていくファンも多かったはず。

ここからカープの意地を見せつけました!

10回裏に、堂林選手、下水流選手、西川選手という、
正直あまりヒットを打つことのない選手が次々とヒットを放って、
最終的には満塁で「7-7」の同点に!!

そこで出てきたのが「鈴木誠也」選手。

結局は「押し出しフォアボール」で逆転勝利!!

こんな試合、「逆転のカープ」にしかできないでしょっ!!

「中継投手」に不安が残りますが、
ここからどんどんとエンジン全開で頑張って欲しいですね☆

[スポンサードリンク]