広島カープ鈴木誠也選手の誤審問題の判定と対策は?気づかない珍事件で賛否両論!

この記事は約 3 分で読むことができます。

こんにちは!
ネタ速報.xyzへようこそ!

広島カープは今や波に乗って一気にマジック点灯」への切符を手にしようとしています!

このまま今年もリーグ優勝して三連勝に!!

そんな波に乗りすぎているほど勝っている広島カープに珍事件が。。

広島カープのエース「鈴木誠也」選手の「フォアボール誤審問題」が発生しました!

果たして、判定や対策はどうすればいいのでしょうか?

[スポンサードリンク]


広島カープ・鈴木誠也選手の誤審の内容は?

広島カープに異変が起きたのは、2018年8月9日の中日戦。

カープ・鈴木誠也選手は、「2-1」と中日にリーゾされている「3回裏」にバッターボックスに上がりました。

誠也選手の初球は「ファウル」
2球目は「見逃しストライク」

これで、誠也選手のあとが無くなってしまいました。

ここから、奇妙な展開になっていきます。

3球目は「ボール」

相手ピッチャーも打たれまいと緊張しているんですかね?

4球目は「ワンバウンドのボール」

あら、これはもしかしたらいけるんじゃね?という雰囲気に。。

5球目・6球目は惜しくも「ファウル」

誠也選手、ボール当たってるからその調子☆

7球目「ボール」

あらら、ここでフルカウントですか~
これは中日も「ストライク」入れないとやばいことになりますね~

ちなみにこの時は「1アウト」

8球目「ボール」

よし!誠也ラッキー!
このまま1塁に・・・

と、おもいきや!!

「ん?ピッチャーなんで投げるフリしてるの??」
「誠也選手、なんで1塁に走らないの?」
「なんでみんな何ごともなかったかのようにプレー始めちゃってるの??」

という展開に。。

これには、テレビの解説の方も「???」が一瞬飛んだようですが、
テレビ側の「勘違い」という処理で、解説を続けていました。

結果、誠也選手は「セカンドゴロ」で「アウト」に。。

「フォアボール」なのに「アウト」

こんな「誤審」があっていいのでしょうか??

[スポンサードリンク]


誠也選手も気づかなかったボールの判定はくつがえる?

その昔、同じような展開になったこともあるようです。

4ボールなのに、そのまま何事もなかったように投げてアウト。。

後から数えてみたら、4ボールじゃん!!って雰囲気になったようです。

本当に2018年始まって以来の「珍プレー」となっちゃいました。

この判定は、あとから変更することができるのでしょうか?

4ボールを主張しなかった時点で、
4ボールの判定は「無かったこと」になるようです。。

え~~!!

ひどいじゃないですか~!

主審がちゃんと数えてなかったのがいけないんでしょっ!!

と思いたいですが、そうでもないようです。

気づかなかったのは、結局自分たちのチームでしょ?となるようです。

ん~。。もったいない。。

まあ、結局逆転勝ちできたので良かったのは良かったんですけどね。。

続き>>>広島カープの対策は?

[スポンサードリンク]