広島カープ 初の申告敬遠を申請!申告敬遠ってなに?ヤクルト戦の試合結果は?

この記事は約 3 分で読むことができます。

こんにちは!
ようこそネタ速報.xyzへ!

ゴールデンウィーク9連戦と長丁場になる試合を迎えている広島カープ。

5月2日は、地元・マツダスタジアムでの試合だったのですが、
雨天中止ということで、広島カープにとっては
体を休めるための休みになったのではないでしょうか?

巨人には、2戦ともに「逆転勝利」をして、
そのままの勢いで向かった神宮球場のヤクルト戦。

ここでカープが初めて「申告敬遠」を行いました。

申告敬遠とは何でしょうか?
また、申告敬遠をしたことで、
広島カープには有利になったのでしょうか?

[スポンサードリンク]


広島カープが行った「申告敬遠」ってなに?

2018年の今年から、野球ルールが少し変わりました。

その中で、「申告敬遠」というのができるようになりました。

申告敬遠とは、文字通り、「敬遠します」ということができるようになります。

敬遠とは、ピッチャーが

「このランナーには、きちんとした勝負したくないなー」

と思った時、キャッチャーと合図して、
わざとボールになる投球をすることを言います。

もうそれは、ボールかストライクか?のレベルじゃないくらい
違う場所にピッチャーは投げます。

そのことで、よく観客からはブーイングが出てました。

そんな敬遠をする時にも、結局ピッチャーはボールを投げないといけません。

最悪、4球は投げないと「フォアボール」にはなりません。

その分、
「無駄なんじゃない?しかも、無駄に肩使いたくないし。。」

みたいな雰囲気で、
「じゃあ、もう敬遠する選手には、最初から申告してファーストに走ってもらおう!」
というルールを作っちゃったみたいです。

その申告を、広島カープは初めて行いました。

相手はヤクルト・山田 哲人選手。

2塁・3塁が埋まっていた8回裏でした。

山田選手は自分が打てなかったことで、
ちょっとムカついてた雰囲気でしたね。

[スポンサードリンク]


広島カープが初敬遠した結果は?

広島カープは、元選手の廣瀬コーチが敬遠申告をします。

この段階で、広島カープはヤクルトに点差を引き離され、
「3−0」

8回裏ということで、逆転のカープといえども、
なかなか厳しいこの状況。

ヤクルト・山田選手を敬遠はしましたが、
結局は満塁の状態になりました。

ヤクルトの次の選手は、西浦選手。

そんなに打たない選手なのかな?と思いきや・・・

[スポンサードリンク]


まさかのフォアボールで「押し出し」の一点が!!

中田れ〜〜〜〜んっ!!

ここから、怒涛のヤクルトの勢いがはじまり、
次の「青木 宣親」選手が、
まさかの満塁ホームラン・・・

一気に全5点が入り、「8−0」に。。

今回の初「敬遠申告」は、そんなに良くなかったようですね。。

広島カープは、敬遠申告をよく「されていた」!

実は、今年に入って広島カープは敬遠申告を何回か受けています。

しかも、初の申告を受けたのは「ヤクルト」戦。

広島カープ・西川選手が敬遠をされました。

また、満塁になっても避けたいと感じた横浜DeNA戦で、
「バティスタ選手」を敬遠。

しかし、次の打順は復帰したばかりの鈴木誠也選手。

結果的には、
ヤクルト戦も横浜戦も「裏目」に出る結果となっていました。

ということは、あまり「敬遠申告」をしても意味がない??

とりあえず、今回のカープの試合は「完敗」でしたが、
気持ちを入れ変えて、次のヤクルト戦を迎えてほしいですね!

[スポンサードリンク]