巨人・どすこい山口投手のデッドボール(死球)の数は?中村裕太投手が地方球場で先発に!【宇都宮清原球場】

この記事は約 3 分で読むことができます。

こんにちは!
ネタ速報.xyzへようこそ!

いよいよ広島カープは、交流戦前の地方球場の試合が始まりますね!

5月22日の試合は、「宇都宮清原球場」での試合です。

相手は「巨人」

しかも先発は前回「乱闘寸前」になってしまった巨人・「どすこい山口」投手。

一方の広島カープは期待の若手エース「中村祐太」投手。

二人の先発対決も観ものですね!

さて、どすこい山口投手はまた「デッドボール」を出してしまうのでしょうか?

[スポンサードリンク]


宇都宮清原球場はどこにある?

さて、久しぶりの「地方球場」での対戦となりましたが、
「宇都宮清原球場」はどこにあるのでしょうか?

宇都宮清原球場は、巨人側のホームとなります。
でも、実は東京ではなく「栃木県」なんです!

全面人工芝で、横浜スタジアムと古代ローマのコロッセオをイメージして作られているとか。

2008年ごろは、年一回、プロ野球の公式戦で使用していたそうですが、
東北大震災の影響で一部が破損して、2012年までは使われていなかったそうです。

2014年の9月にカープ戦で使用したことがあり、
そのときには惜しくも「0-1」で負けています。

今回はその時の屈辱を果たさないといけないですね!

[スポンサードリンク]


巨人・どすこい山口はデッドボールは何回している?

前回の會澤選手との死球2連続で乱闘騒ぎになりかけた事件からの広島カープ戦。

どすこい山口投手は、過去に會澤選手に怪我をさせてしまう死球を投げていただけに、
今回の死球は誰もが「批判」をしていました。

どんな死球(デッドボール)か知りたい方はこちら(動画あり)
     ↓↓

どすこい山口投手は、そんなに死球(デッドボール)を投げる人なのでしょうか?

2018年の死球の数を見てみると、
登板数「7」試合につき「4」回の死球(デッドボール)を出しています。

そのうちの2回は會澤選手に当てたという。。

でも、昨年の結果も、登板数「4」試合に対して「1」回のデッドボールでした。

横浜時代で、會澤選手に当てた大事件になった2012年は、
登板数「60」試合に対して「5」回のデッドボールです。
(巨人に入って登板数が極端に減っています。)

あれ?
このままいくと、死球の数がどんどん増えていくのでは??

という不安がよぎってしまいますね。。

今回の試合には、とりあえず「危険」な死球(デッドボール)だけは避けてほしいですね。。

[スポンサードリンク]


中村祐太投手の今の成績は?

巨人だけでなく、広島カープも見ていきましょう!

今回、地方球場で先発となった「中村祐太」投手。

防御率の通算成績は巨人・山口投手と比べると全然良く、
「4割2分6厘」

しかし、山口投手の方が3試合ほど多いのですが、
悪くない成績だと思います。

なにしろガッツのある投手です。

最近は成績もよく、前に「完全投球」をする9回で「1点」を取られてしまい、
悔しい思いながらも途中降板していました。

あのときには「悔し涙」を見せていました。

まだまだ若い純粋な心が伝わってきます。。(泣)

あのうぶな心のまま、「負けん気」で頑張ってほしいですね!

実は、あの會澤選手の乱闘事件があった時も、
中村投手が先発だったんです!

本当に因縁の対決になるかも?

首位・広島カープと2位・巨人のゲーム差は
「4.5」ゲーム差!!

気になる「巨人 VS 広島カープ」の試合は
18:00プレイボール!

一気にこのままゲーム差を広げてしまいましょう☆

[スポンサードリンク]