梶原イジり騒動 主催者謝罪はなぜ?宇野さんブチギレの真相は?

この記事は約 5 分で読むことができます。




梶原イジり騒動 主催者謝罪が話題になっています。

梶原さんといえば、キングコングというコンビ芸人で有名ですが、
今や梶原さんの相方・西野さんは絵を書くビジネスマンとして、
梶原さんは、Youtuber・カジサックとしてお互いに「炎上」する芸人として有名になっています。

そんなカジサックこと梶原さんですが、
今回は、どんな騒動があったのでしょうか?

注目の原因となるイベントや、イジリ騒動の中身、
宇野さんの現状についても調べてみました。

梶原イジり騒動 主催者謝罪したのはなぜ?

梶原さんがイジリ騒動で大炎上しているのは、
ホリエモンこと堀江貴文社長が主催した「ホリエモン万博2019」でのこと。

ホリエモン万博2019のなかのあるイベントで、
宇野常寛」さんという評論家が出演するコーナーがありました。

本来は、評論家同士でいろんな意見を出し合うディベート的なイベントのはずが、
ふたを開けてみるとなぜか「チャンバラ運動会」という、
全く関係のない企画に。

そこに現れたのが、「カジサック」こと「梶原」

チャンバラ大会で梶原さんにめちゃくちゃ「イジリ」まくられた宇野さんは、
怒って途中退室するという事件に発展しました。

ドッキリでもなんでもなく、本当に激怒したらしく、
その後梶原さんを「無礼なやつだ!」とツイッターにコメント。

そこに反応した梶原さんの横柄な返事に、
瞬く間に「大炎上」となっています。

梶原さんの大炎上は、狙ったことなのかな?とも思いますが。。

その炎上具合に、ホリエモン万博運営者が、
イベントの内容や趣旨を両者に説明することなく、
チャンバラ運動会という、違う内容のイベントになってしまい、
梶原さん、宇野さんに多大な迷惑をかけてしまったと謝罪をすることになってしまいました。

まあ、運営側も説明しなかったことはちょっとよくなかったと思いますが、
梶原さんの炎上狙いな部分はちょっと否めないですね。

前も、オリラジ・中田さんがラジオで梶原さんのことを「けなした」との反応で、Youtubeに動画配信。

結局二人とも仲直りしたようですが、それも一つの炎上ビジネスだったのかなと感じてしまいます。

[スポンサーリンク]


梶原イジり騒動 主催者謝罪で、宇野さんの反応は?

梶原イジリ騒動で主催者が謝罪したことで、宇野さんの反応はどんな反応なのでしょうか?

今まで、梶原さんとツイッター上で何度も激論をとばして犬猿の仲になってしまった二人なので、もう運営者側の謝罪だけでは収集がつかないと感じます。

これから何か反応があれば追記していきます。

梶原イジり騒動 主催者謝罪でカジサックの反応は?

梶原さんは、今回の「イジリ」は、別に大したことないのに、勝手に逃げやがった感覚です。

まあ、芸人としてイジリをすることは普通のことですが、
なんとも評論家というお堅い方を普通にイジることは極めて難しいことだと思います。

梶原イジり騒動 主催者謝罪でネットの反応は?

梶原イジリ騒動での主催者謝罪でネットの反応はこんな感じでした。

「この経緯を聞くと宇野さんがとにかく気の毒。
トークショーと思ってたら運動会。
トークショーと思ってたのにカジサックとかいうよくわからん奴が一緒に出る。
それを本番直前に聞かされる…
事前に知ってたら宇野さんも出演断れたのにね。
運営の責任もある。ただカジサックに謝る必要はないんじゃないかな?
芸人としてカジサックに腕があればそもそもこんな問題にならなかったわけで。」

「イジりがやる側とやられる側の間で信頼関係が無いと笑いにならないということは芸人なら知ってるはず。

どの程度イジったのか分からんけど、相手を下げるようなイジりは共演経験がたくさんあるとかじゃないと少しキツい。

もちろんバラエティや楽しいイベントに出る以上は、そういうこともあり得ることを理解して受け入れる度量の大きさというか、バラエティへの理解ってのも必要ではある。

ただそれでもバラエティ経験が少ない人に、いきなりどぎつくツッコむのはいかがなものかなと思う」

「梶原の記事のたびに「生活保護費不正受給」をコメントに書く人がいるけど、10代の人は知らないと思うのでおさらい。

普通、自分に収入があって親が生活費がない場合、自分が負担します。
梶原は、(番組の企画とはいえ)収入目一杯のローンを組んでマンションを購入し、母を住まわせて、母の生活費は国に出させる、という選択をしました。

その後、自分の収入が増えると、生活保護を終了して母の生活費を出す、、のではなく、月々の支払いが目一杯になるようにローンを組み替えて、母の生活費が出せないかのようにしました。

法律的にはぎりぎりセーフのようですが、考え方は詐欺と全く同じです。

しかもバレたら、「確かにずるかったです。すみません」と謝る、、のではなく、「正直不正している感覚はないんですよね」と、「謝るけど言い訳する」梶原スタイルでした。」

「素人いじり、芸人さん以外のいじりは確かな腕と人気、カリスマ性、尊敬度が必要。

時代性もあるけど、とんねるずはほんとその全てが揃っていた。
元気が出るテレビもそう。

現在好感度NO.1のサンドウィッチマンだって、生中継の地引網コーナーで、金歯のおばさんを徹底的にいじって嫌われよう。って思ったのが逆に好感度が上がっていったらしい。
確かな腕があってこそ。

今現在、何処かでとんねるずやサンドウィッチマンの撮影現場でふらっと出会っていじられたら物凄く嬉しい。
でも、梶原さんや、例えば全然知らないジャニーズの若手さんや知らんアイドルに同じようにいじられたら腹立たしいと思う。

腕、知名度、尊敬度による。」

「明らかに主催者が悪いだけで出演者は悪くないのに、仕事を全うしただけの梶原に八つ当たりした宇野こそ弱い者いじめをする卑怯者(梶原の技術不足は否めないがそれは関係ない)。しかも、ネットの嫌われ者梶原をネット利用して叩きのめすと言う卑劣なやり方。

宇野は「いじりはイジメの温床」という一般論が当てはまらない状況なのに、その一般論を悪用して、弱者梶原に八つ当たりしている。実質的に梶原と宇野で回すしかないお笑いイベントが差し迫っているのに、「いじりには信頼関係がいる」だの「いじりは嫌」だの子供じみたこと言ってられない状況。イジりが嫌なら、宇野はこのお笑いイベントを成功させるプランが他にあるのか?

宇野はそんな弱者梶原への八つ当たりするぐらいなら、主催者サイドである総合プロデューサーのホリエモンを批判するべきだろう(もちろん名ばかりだろうが)。弱者にしか攻撃できない宇野こそがイジメをしている卑怯者。」

この騒動はさらに泥沼化する可能性もありますね。。

[スポンサーリンク]