produce(プデュ)101の日本版画像が流出?ボイトレの先生も判明で噂に!

この記事は約 5 分で読むことができます。

韓国で有名なオーディション番組「PRODUCE101」

この番組では、AKBグループが韓国に行き、
そこで日本人と韓国人が一緒になったグループ「IZ*ONE」がデビューするなど、
色々と有名になった番組です。

そんな番組が、日本版として始まることが明らかに!

しかも、その練習画像が流出したと話題になっています。

さて、その画像は本当に「PRODUCE 101」日本版なのでしょうか?

また、ボーカルトレーナーの講師の名前も判明したとか!

真意を探ってみたいと思います。




produce(プデュ)101の日本版はどんな番組?

produce(プデュ)101とは
数字の通り、101人の練習生がオーディションを行い、
国民のみなさんから人気投票をしてもらって、
そこから人気の練習生が残っていくという番組です。

最終的に残る人数は、その番組ごとに違います。

produce(プデュ)101は、女性アイドルから始まった韓国の番組です。

そのときには、11人が残って「101」という数字に見える「IOI(アイ・オー・アイ)」を結成しました。

次の番組では、ボーイズアイドルを11人結成し、「Wanna one」を、
3回目の番組で、AKBコラボという日韓合同グループを作り、
12人の「IZ*ONE」を結成。

最近終わった「PRODUCE X 101」では、
11人だけど今までとは選び方の違う方法で結成されました。

どのグループも、事務所はまったく違い、
期間限定のグループになっています。

最近、「Wanna one」が解散をしましたが、
日本のファン(ペン)も多く、解散を惜しまれたグループでした。

そんな韓国全土が興奮するような番組が、
日本でも行われようとしています。

[スポンサーリンク]


日本では、5月から応募者の募集を開始。

そこから何度か審査をくぐりぬけた101人のメンズアイドル目指す練習生が発掘されたようです。

日本のプデュファン達は、
日本の放送がまだかまだかと待ちわびている様子。

今年中に11人が選ばれるということは決まっているようなので、
そろそろ収録が始まっているのでは?
という反応も出ていました。

そんな中、こんなツイートが・・・

produce(プデュ)101(日プ)の画像流出は本当?

produce(プデュ)101は、日本のファンの中では、
日プ(にちぷ)」と呼ぶファンも出てきています。

Twitterでは、「日プ」を使う人が多く、
もしかしたら今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれない勢いがあります。

そんな話題のなか、練習中の画像が流出したとのツイートが!

まさかの一人を写しているこの画像。。

関係者が漏らしてるのかとのツイートで一同騒然。

気になるのは、ゼッケンに書かれた「愛知」という文字。。

韓国では、事務所ごとに分けて書かれていたゼッケンに、
日本版では「都道府県」が書かれていることに。。

などなど、さまざまな盛り上がりを見せています。

さらには、

この画像は、クラス分けされた後にDクラスを撮った画像ですね。。

どんな子がいるのかは、モザイクでわからなくはなっていますが、
この2枚の画像で色々な憶測が出てきています。

[スポンサーリンク]


produce(プデュ)101(日プ)のボイトレ先生は誰?

さらに、この画像でボイトレの先生が判明!

菅井先生とは、菅井秀憲さんというボーカルの酷評が激しいと有名な先生です。

今はAKB48やモー娘。のボイストレーナー専属との噂がありましたが、
この先生は、アイドルファンの間では特に有名な先生でした。

日本版のプデュは、韓国とは違いすぎると批評が多かったためか、
この厳しい菅井先生が出演するなら見たい!といった声も多くあり、
これからますます日プが盛り上がるかもしれないですね。

この画像の出どころを調べたところ、
その人のアカウントは非公開に変更されていました。

このアカウントの持ち主は、韓国人だったためか、
「韓国で練習をして収録しているのでは?」
というツイートも話題になっています。

produce(プデュ)101(日プ)はいつ放送される?

produce(プデュ)101(日プ)はいつ放送されるのでしょうか?

まだ詳しいことはわかっていませんが、
投票をする時期や、
年内にグループを結成することを考えると、
遅くとも9月には放送されるのではないでしょうか?

また、放送よりも早く今回の課題曲や101人のメンバーがどんな人がいるのかが話題になると思います。

これから2020年に向けて新たなグループが進出する大きな番組をこれから応援していきたいですね!

[スポンサーリンク]