TATERU映画 お蔵入り!ギャラや映画のネタバレ・動画は?

この記事は約 5 分で読むことができます。

TATERU映画 お蔵入りになったことはご存知でしょうか?

実は2019年、今年公開予定だった「TATERU映画 お蔵入り」が判明しました!

しかもお蔵入りのTATERU映画の主演は「伊藤淳史」さん。

撮影済みでこれから公開準備になっていたところへ、突然のお蔵入り。

大物俳優を使った大きな映画だったのに、なぜお蔵入りになったのでしょうか?

真相や映画のネタバレ、動画などを探してみました。

[スポンサーリンク]


TATERU映画 お蔵入りになったのはなぜ?

なぜ、全ての撮影を行った後に突然TATERU映画がお蔵入りになったのでしょうか?

TATERU映画」とは、株式会社TATERUという不動産会社が作った映画のことで、
その不動産会社はすごく急成長を成し遂げた優良企業だったようです。

株式会社TATERUになったのは、つい最近社名を変更したようで、
それまでは「株式会社インベスターズ」という会社名でした。

2006年に創業されて、9年ほどしか経っていない会社が東部一部上場。

さらには子会社まで上場し、AIやアプリを使った近未来的な戦略で大きくなっていった会社でした。

そんなTATERUに不祥事が発覚。

2018年に、顧客の融資を通しやすくするために、わざと銀行の預金通帳を改ざんしたとみられています。

それは映画撮影と同時期に起こった不祥事でした。

TATERU映画 お蔵入りにならざるおえない状況にもって行かれたようですね。。

TATERU映画 お蔵入りになった俳優へのギャラは?

TATERU映画 お蔵入りになった場合、出演俳優へのギャラは発生するのでしょうか?

TATERU映画は、投資額5000万円で作られたという大掛かりな映画になっています。

主演俳優は「伊藤淳史」さん。

また、西村雅彦さんなどの豪華俳優も選出されていた様子です。

しかも、株式会社TATERUのビルにあるモデルルームを使った映画撮影も行われたようで、これからまた大きくなる株式会社TATERUに期待した従業員も多かったのではないでしょうか?

TATERU映画の内容は、不動産業界のことについての映画だったようで、
ある一人のTATERU社員が、色々な試行錯誤やアイディアを用いた不動産投資の話になっていたようです。

仕事そのものを映画にしている内容で、急成長を遂げた会社だからこそ観たい!と思われる方も多そうな映画だと思います。

そんな矢先の不祥事でのTATERU映画 お蔵入り

ギャラはどうなっているのか調べてみました。

一般的には、有名俳優や新人俳優とは扱いも異なるようで、
歩合制なのか、はたまた固定制なのかで変わったりもします。

歩合制だと、映画が売れるたびにギャラが大きくなっていくということだと思うので、大物俳優である伊藤淳史さんや、西村雅彦さんだと最適ですよね。

でも、5000万円の投資でっということは、舞台セットなどの経費、撮影費、他にも諸々の諸経費で消えてしまう雰囲気も感じてしまいます。

多分、最低賃金としてのギャラは支払われているかもしれませんが、お蔵入りした映画にそんなに大きな金額は払えないと感じます。

[スポンサーリンク]


TATERU映画 お蔵入りのタイトルは?今後放映予定はある?

TATERU映画のタイトルは、想像でしかありませんが、やはり「TATERU」
ではないでしょうか?

最近になってわざわざ会社名を「TATERU」に変更したのにもそういった意味があるのでは?と推測してしまいます。

しかし、一度お蔵入りになった映画は、二度と日の目を浴びることはないと思っても過言ではないと思います。

今後のTATERU映画の公開をちょっと楽しみにしたいな〜と感じる部分ではありますが、視聴者が求めない限り、会社側からの発表はないでしょうね。

TATERU映画 お蔵入りのネットの反応は?

TATERU映画 お蔵入りになったことで、伊藤淳史さんや、映画についてさまざまなネットの反応があります。

ギャラは払ってあげて

伊藤淳史さんや西村まさ彦さんのような名の売れた方は別として、この映画にかけていたこれからの俳優さんもいて、例えば親とかにも出演を報告していたんだろうなとか思うと同情しかない。

金額が全てでは無いけど5000万で劇場用映画は厳しいでしょ
おそらくPR動画というか、顧客等に見せる用のビデオ扱いじゃないのかな
有名俳優使ったPR動画を家建てようとしてる人に見せればたしかに効果はあるだろうしな 
逆に言うとこういう問題が判明する前に「公開」されてなくて俳優はラッキーだったともいえる 変に片棒かつぐイメージになりかねなかったし

この映画、見てみたいですね。
すごく気になります。
伊藤さんて、いい演技しますよね。
ギャラとかコストを考えたら、放映した方が
いいと思います。
株主の皆さんだって、株価の暴落で困っているで
しょうし、この映画でイメージも変わるかもしれ
ませんよ。
経営陣も報酬カットしたり再発防止策も決めて、
対応しているようです。
せっかく製作したのに、もったいないですね。

など、数多くの残念がるコメントや、俳優さんを心配する声などが寄せられていました。

TATERU映画 お蔵入りのまとめ

TATERU映画 お蔵入りになったことは非常に残念です。

ネットのコメントにもあったように、伊藤淳史さんは独特の演技力のある方ですし、しかも自社の経験を入れた不動産投資の映画と聞くと、さまざまなビジネス論があったのかもしれません。

最先端を貫いて大きくしていった会社だけに、不祥事があったことは悔やまれますね。

その前に、どんな映画でギャラなどのお金の問題もきちんと片付いているのかどうかも気になる一方、会社側としては、俳優さんのイメージが損なわなれなくて良かったという面もあります。

落ち着いた頃に、こんな映画がありましたという発表ができたらいいですね!

[スポンサーリンク]