夫がベランダ喫煙中に、友人の妻を襲った総務官僚が書類送検!真実は?解雇は?

この記事は約 5 分で読むことができます。

夫がベランダで喫煙中に、総務官僚という名高い位の方が、友人の妻を襲ったとされ、書類送検されている事案があるそうです。

先日、官僚の間で薬物で逮捕されるという事件があったのに、
またもやキャリア官僚が不祥事を起こした様子。

夫がベランダで喫煙中に、どんな事件があったのでしょうか?




夫がベランダで喫煙中に起こった総務官僚の事件とは?

問題と事件の真相は次の内容の様子。

問題を起こしたのは、総務省で通信関係の業務に携わる30代半ばのA氏。4月のある週末、家族ぐるみで付き合いがある知人男性宅に親子で招かれていた。その知人男性が語る。

「この日、子どもたちはリビングに続く隣の部屋で遊んでいて、私と妻、Aさんの3人はダイニングテーブルでお酒を飲んでいたのです。途中私はタバコを吸おうと、後から来たAさんの弟と一緒にベランダに出ました。弟は『兄は昔から勉強熱心で仕事も好きで』と言っていた。風が気持ち良くて話し込んでしまい、外には10分ほどいたでしょうか

A氏はその僅かな隙を狙って、男性の妻へのわいせつ行為に及んだ。

「Aさんはソファーに座った妻に襲い掛かり、首や耳をなめたり、強引にキスしたりしたんです」

知人男性(夫)達がベランダにいたとしても、同じ部屋にいることは間違いありません。

いつベランダから帰ってくるかわからない状態で、こんな行為に及ぶことはすごいとしか言いようがありません。

大胆でとても卑劣な犯行と思えますが、なぜ総務官僚のAさんはそんなことをしたのでしょうか??

知人男性(夫)の奥さんはよほどキレイな奥さんだったのだと思いますが、その欲望にまかせてそのような行為に及んだとしたら、ある意味職権乱用ですね。

しかも、この時総務官僚・Aさんの弟まで知人男性の家に訪れています。

そして、そんなAさんを慕っている弟さんです。

表と裏の顔があるのかもしれませんね。。

[スポンサーリンク]


夫がベランダで喫煙中になぜ気づかなかった?

知人男性(夫)がベランダで喫煙中に、そんな事件が起きていたことになぜ気づかなかったのでしょうか?

奥さんは、襲いかかった途端に大声をあげれば、その場でベランダにいた夫とAさんの弟さんが気づくはずです。

しかし、調べによると知人男性(夫)の奥さんは何も言わなかったとのこと。

男性が出来事を妻から打ち明けられたのは、翌日夕方のことだった。すぐさま警察に相談し、被害届を提出。6月7日、警察から「強制わいせつ容疑でA氏を書類送検した」との連絡が入ったという。

奥さんが打ち明けたのは、その日のうちではなく、翌日の夕方なんですね。。

なぜ声をあげなかったのか?
しかも、打ち明ける時間がかかりすぎていることから、警察も真相を半信半疑にとる可能性もあります。

でも、奥さんからしてみれば、総務官僚という偉い位の方というプライドを傷つけたくなかった部分もあるのかもしれません。

また、これが公になれば新聞沙汰になることも間違いなし。
ましてや、最悪な場合、自分の素性まで調べられるかもしれない。

そして、今後どんな仕返しがあるかもわからない。

そんな大騒動を起こすくらいなら、穏便にすませたいという気持ちがあったのではないでしょうか?

[スポンサーリンク]


夫がベランダで喫煙中の事件について総務官僚は?

一方のA氏に事実関係の確認を求めたところ、こう答えた。

「奥様に触ってしまったことは事実だが強制わいせつではなく、行き過ぎたイタズラではないけれども、先方も嫌がってはいなかったと思っている」

行き過ぎたイタズラ?

そんなイタズラでキスをされる女性もたまったもんではありません。

やはり、被害届提出の時間がかかりすぎている点をみると、「二人の同意の上」という捉え方をされてもおかしくないかもしれません。

問題は、夫がベランダで喫煙を終えて帰って来たときの総務官僚・Aさんと奥さんの距離感も考えた方がいいかもしれません。

本当にイヤなことをされたのであれば、ベランダに行く前と反応が違うはずです。

ましてや総務官僚・Aさんには近づこうともしないでしょう。

そんな今後の行動も気になるところです。

夫がベランダで喫煙中の事件を国会はどう見ている?

A氏が勤務する総務省大臣官房秘書課は、次のように回答した。

「当省職員が強制わいせつの容疑で東京地方検察庁に書類送検されたことは承知しており、誠に遺憾であります。本件について、送致後の検察における捜査も踏まえつつ、総務省としても、事案関係の把握に努め、厳正に対処したいと思います」

一応、総務省の方にもこの事件の通達がいっているようですね。

書類送検されたからといっても、完璧に逮捕された事案ではないですが、こんな事件を起こすような行動をとったこと事態は本当の事実ですので、そのことには遺憾だといっているのでしょう。

警察への取り調べに対し、総務官僚・Aさんが「拒否されていない」と発言していることから、結局は「和解」で終わりそうな予感もします。

書類送検されただけなので、総務官僚・Aさんは未だに普通に出社して給料も普通に得ていると思われます。

夫がベランダで喫煙中の事件を起こした総務官僚の名前は?

このような事件を起こした総務官僚の名前を調べてみましたが、なかなか見つかりませんでした。

一応個人情報ということもあるので、ここでは控えさせていただきます。

夫がベランダで喫煙中の事件の今後の展開は?

今後は、裁判所と検察官、弁護士などを立てて、この事件の流れを決定していくと思われますが、目撃者なし、証言できる人もいない、本人も認めている、届けが遅かったなどを踏まえると「不起訴」になる可能性の方が高いでしょう。

このまま、総務官僚という肩書きだけしかわからないまま終わる事件ですが、これからの総務省の対応にも期待せざる終えませんね。

[スポンサーリンク]