平昌パラリンピックのバンダビの目はなぜ横向き?意外な理由が明らかに!

この記事は約 2 分で読むことができます。

こんにちは!

いよいよ「平昌パラリンピック」が開幕しました☆

オリンピックでは日本の選手も大いに盛り上がったので、
パラリンピックもこの勢いに続いて欲しいですね!

さて、オリンピック・パラリンピックといえば、
マスコット」が欠かせませんね〜

今回の平昌パラリンピックは、「バンダビ」というマスコットなんですが、
バンダビの色々な隠された秘密が明らかになったので、ご紹介しますね☆

[スポンサーリンク]



平昌パラリンピックのマスコット「バンダビ」の意味は?

バンダビ」という名前の由来ですが、
韓国語で「반달가슴곰(パンダルカスムゴム)」という動物から来ています。

マスコットを見たら、何の動物かもうお分かりですよね?

日本でいう「月のワグマ」という動物なんです!

そこに、オリンピックの大会を記念する碑「비(ピ)」を足して、
バンダビ」という名前になったそうです。

ちなみに平昌オリンピックの時には、
白いトラをイメージした「スホラン」がいたことを覚えていますか?

目が離れているから人にぶつかってしまうという
珍事件
もありましたw

[スポンサーリンク]



バンダビは、なぜ目が横を向いている?

さて、ここでまたバンダビの秘密です。

バンダビは、見て分かるように、
目が前ではなく、横を向いていますよね?

その方がカワイイと思ったからそんな目にしたのかな?
と感じてしまいますが、ここにもちゃんと理由があるんです!

パラリンピックは、何か障がいを持っている人が競技する大会です。

義足の人や、車椅子でしか生活できない人など、
さまざまな障がいを持った方が参加されています。

もちろん、観客も例外ではありません。

パラリンピックだからこそ、
その競技を見たいと思う人もいるでしょう。

そこで、一つの配慮として、
発達障がい」を持たれている方のなかに、
「まっすぐ見ている視線が怖い!」
と感じる方もいるそうです。

そこで、その目線をずらしておこうということで、
かわいいマスコットの「バンダビ(黒いクマ)」は、
目を横に向かせたようにしているんです。

すごい配慮ですね!

東京オリンピックもあと2年!

そんな配慮ある「おもてなし」を日本ではもっと見たいですね♪

[スポンサーリンク]