福塩線・伯備線が一部運行再開!出発本数や今後の予定は?

この記事は約 2 分で読むことができます。

西日本豪雨の影響で、広島を中心に被害が拡大している一方、
徐々にJR在来線の復帰が見込まれるようになりました。

大雨で冠水などの影響が出ていた「福塩線」が、一部再開し、
岡山方面の「伯備線」も再開を始めました。

福塩線の再開場所や運行本数は?

JR福塩線の再開場所は次の通りです。
・神辺駅から府中駅の間
・いつもの6割程度の運行を予定しています。

通勤時間帯などの時間を中心とした運行が予想されます。

神辺の冠水状況は、深刻なものもあるので、
徐行での運行かと思われます。

しかし、次の間の福塩線は、今後も運転の見込みは立っていません。
・福山駅から神辺駅の間
・府中駅から塩町駅の間

[スポンサードリンク]


伯備線の運行再開場所や運行本数は?

7月11日から、伯備線の一部が運行再開されます。

・岡山駅から総社駅の間
・通勤時間帯を4割程度運行し、昼間の運行は3割程度の運行予定です。

岡山方面行きの列車は、総社駅を朝7時06分から始発を発車します。
総社方面行きの列車は、岡山駅を朝6時37分から始発を発車します。

また、特急なども一部運行再開しています。
・特急南風号
・特急うずしお号
・特急しおかぜ号

一部列車の運転が取りやめになることもあるかもしれません。

徐々に運行再開している箇所もあるJR在来線ですが、
線路が崩壊しているところは、完全復旧まで最大「1年」かかると言われています。

山陽本線も、瀬野駅から西条駅までの線路は、
冠水していたり崩落している地域が広いため、
復旧は相当な時間がかかると思われます。

まだまだ、呉市などは交通手段もなく、孤立状態となっているため、
なんとかアクセスがどうにか改善することを祈るばかりです。

NEW!!

[スポンサードリンク]