安住アナがラジオで涙。川田亜子アナに後悔で嗚咽。。

この記事は約 3 分で読むことができます。

こんにちは!
ネタ速報.xyzへようこそ!

安住アナが2018年5月27日のTBSラジオ「日曜天国」というラジオ番組で、急に嗚咽が止まらなくなるというハプニングが起きました。

クールな印象が強い安住アナウンサーですが、いったい何があったのでしょうか?

そこには、ある「後悔」があったようです。

[スポンサードリンク]


安住アナが嗚咽した放送事故とは?

安住アナは、この日全く何も変わった様子もなくラジオを進めていました。

ラジオの相方・中澤アナと一緒に面白いトークを繰り広げていました。

しかし、約20分ほど経ったときのこと。

安住アナは「せんべい」の話をし始めました。

その話も特に変わった様子もなく面白く話していました。

内容は、安住アナの机の上にはせんべいがあって、
その時のアナウンサー室には、安東弘樹アナ(50)と田中みな実アナ(31)しかいなく、その時期に安住アナと田中みな実アナは、仕事のことでケンカをしていて、一年以上口も聞かなかったそうです。

その時、安住アナは田中みな実アナを誘わずに、安東アナとふたりだけで「せんべい」を食べていました。

すると、田中みな実アナがコツコツと音を立てながらやってきて、
「私も一つせんべいを頂いてもいいですか?」
とわざわざ言いにきたそうです。

かわいいキャラのアナウンサーながらも、
実は意志が固く強い田中みな実アナらしいですね。

そんな面白い話題のあとに、放送事故は起きてしまいました。

[スポンサードリンク]


安住アナが後悔して放送中嗚咽した出来事とは?

いつもクールで何事にも動じない雰囲気のある安住アナ。

そんな安住アナがなぜ、嗚咽をするような放送事故が起きたのでしょうか?

それは、その田中みな実アナとの出来事から続く内容でした。

田中みな実アナ自身、強い人ですが、もうひとりの後輩である女性アナウンサーが安住アナにはいました。

その人の話をしようとした途端、突如ラジオのBGMだけの「間」が約10秒間続き、
さらには、「その人の話をしようと思うんですけど・・・」と言いながら、嗚咽してしまってなかなか言い出せなくなっている状態に・・・

そんななか、なんとか気持ちを立て直して言った言葉が、
「川田アナ」のことでした。

実は「川田裕子アナウンサー」とは、ちょっとだけ年の離れた後輩らしく、
川田裕子アナは、いろんなバラエティに出ていたそうです。

しかし、自分は報道をやりたい!ということでTBSを退社してフリーになり、報道番組の司会者に抜擢されるほどに。。

そんな中、川田アナが「孤立」する羽目になったことがあり、
そのときに安住アナを訪ねて、
「私も一人になってしまったので、安住さん一緒に組みませんか?」
と話したようです。

そのときの安住アナは、「何を言ってるんだ!」と怒って突き放してしまいました。

その後に、川田アナは「練炭」で・・・

その川田アナは、2018年5月25日で、10年になるそうです。

そこでいつもこの時期には安住アナは川田アナのことを思い出すそうで、
「自分には後悔しかない。もっとやれたことがあったんじゃないか。あそこで突き放すべきではなかった」
と後悔している様子。

安住アナとの関係があったかどうかは定かではないですが、
自分を責めてしまう安住アナは凄い人だと思いますね。。

リスナーからの「職場でのお菓子の分け方」からこんな展開にまで持っていく安住アナ。

10年たった今でもずっと思い出す安住アナの心優しい姿は、
誰もが強く心に響いたことでしょう。

川田さん、改めてご冥福をお祈りいたします。

[スポンサードリンク]