ソフトバンクの電波は危険?障害原因はエリクソンだけど完全復旧に時間が!

この記事は約 5 分で読むことができます。

ソフトバンクの電波が急に届かなくなり、日本中を混乱させた12月6日。

ソフトバンクの電波障害が起こり、原因はもしかしたらテロの可能性もあると言われて大騒ぎになっていましたが、ソフトバンクが電波障害の原因を「エリクソン」が原因と発表しました。

エリクソンとはどんな会社なのでしょうか?

また、ソフトバンクは本当は危険な携帯会社なのでしょうか?

色々な面から調べてみました!

[スポンサーリンク]


ソフトバンクに電波障害が起こったのはいつ?

ソフトバンクが急に電波が繋がらなくなったのは、
「2018年12月7日の午後3時あたり」と言われています。

今まで普通に使えていた電話だったのに、
急にネットが遅くなり、電話自体もつながらなくなるという究極の事態に陥ってしまいました。

「あれ?私の携帯おかしくなったかな?」
「最近、機種変したばっかなのにもう壊れたの?」

と心配になったソフトバンクユーザーも多いハズ。

ソフトバンクに衝撃が走った他にも、
政府にも「もしかしたら、大きなネットのテロかもしれない!」との反応があり、
大きな話題となりました。

ちなみに、ソフトバンクのCMでは、
最近列車の事件が起こるような大々的なCMをやっていて、
事件は起こる。Wi-Fiがない場所で。
というフレーズを発するようなCMをしていました。

本当に大きな事件が起こっちゃいましたね。。

しかも、最近ではソフトバンクは
動画SNS放題」という、
動画とSNSはいくら見てもやってもネット料金はかからないサービスを始めたばかり。

まさか、あれは嘘の話で、ネットの制限がかかってしまったんじゃ。。

と思われた人もいるのではないでしょうか?

とにもかくにも、ソフトバンクユーザーだけでなく、
日本全国民に衝撃の走る出来事でした。

[スポンサーリンク]


ソフトバンクの携帯電話だけでなく、通信Wi-Fiも電波障害の対象に!

しかも、ソフトバンクの携帯やスマホのみではなく、
ソフトバンク系列で契約している
ソフトバンク光」や「ソフトバンクのWi-Fi」、
「Ymobile」のユーザーまでにも電波障害の影響が!

さらには、ソフトバンクの回線で「格安スマホ」にしているユーザーも、
全く携帯・スマホが使えなくなる事態にまで発展してしまいました。

ここで少し差が出たのが「ソフトバンクユーザー」か「格安スマホユーザー」かということ。

ソフトバンクユーザーの場合、「LTE」の電波で通常使えるところが、
「3G」の電波が選択できるので、時々3Gの電波が繋がる雰囲気にはなっていたようです。

一方、ソフトバンク回線を使っている「格安スマホユーザー」は、
電波が「圏外」になることが多かったようです。

住んでいる地域にもよるかもしれませんが、そんな差が生まれるんですね。。

ということは、ソフトバンクだけでなく、au回線やドコモ回線を使っている格安スマホユーザーは、
もし障害があったら同じことが起こる可能性があるかもしれません。

格安スマホの代償ということでしょうか・・・

ソフトバンクを使っているユーザーの反応は?

今回のソフトバンク電波障害をくらってしまったユーザーはどんな反応なのでしょうか?

決して、いい反応はありませんが、やはり携帯を2人に1人は持っている時代だからこそ、
電波以外にもさまざまな障害が生じたようですね。。

ある方は、親戚で危篤状態にもかかわらず、
その親戚相手のどちらも「ソフトバンク」だったため、何も連絡が取れなくどうすればいいかわからない状態になったそうです。

またある方は、自分の携帯も家のWi-Fiもソフトバンクで固めてしまったので、
どの電波も届かず、孤立している状態になった様子。

また、ネットで購入しようとしていたアイドルのチケットが電波障害でつながらなかったなど、
ユーザーには、今回の1日は忘れられない1日になってしまいました。

いかにも、ソフトバンクは最近株式上場したと騒いでいただけに、
これで一気に株価が下がってしまう可能性も否めません。

[スポンサーリンク]


ソフトバンクとエリクソンの関係性は?

ソフトバンクは、電波障害が起きた原因
エリクソン」にあると発表しました。

エリクソンってどんな会社?と感じませんか?

エリクソンとは、ソフトバンクが買い取ったスウェーデンの会社で、
ソフトウェアを新しく交換したところ、そこに障害が起き、
日本を含む世界11カ国の国で、同じ時間帯に電波障害が起きた様子。

え、そのエリクソンと何の関係があるの?

と思っちゃいますが、ソフトバンクはその会社に未来を感じたんでしょう。

いや、厳密には孫さんがそう思ったんでしょう。

エリクソンは、その原因であるソフトウェアを前の状態に戻したことで、
午後7時くらいから徐々にLTEへの電波が復旧し始めたそうです。

しかし、田舎の地域ではやはりまだ復旧できていないところもあるみたいです。

ソフトバンクの回線は危険だから、機種変更したほうが良い?

ソフトバンクの回線は、今回の騒動で
「やばい、危険な回線だ!」
と植え付けられてしまったユーザーも多いハズ。

実は、こういう「電波障害」は、ソフトバンクだけでなく、
年に何回かは、auもdokomomも「電波障害」「不具合」が起きているようです。

しかし、どれも「自社の関係」で原因はわかっているようですが、
今回のソフトバンクみたいに自社が原因でない場合、
余計に世間を混乱させかねない事態になってしまうことは、
今後、怖いことかもしれませんね。

しかも、携帯端末だけでなく、全部ソフトバンク色に染めてしまっていたら、
その分すべて動かなくなる可能性があるという認識ができてしまったことは、
今後の「ネットの選び方」に疑問が残ることではないでしょうか?

すべてひとまとめにすれば、それだけお得になるかもしれないけど、
もし、いざ何かあった時には「全滅」してしまうので、
何かしらの対策は考えておいたほうがいいのではないでしょうか?

ソフトバンクの電波障害事件のまとめ

さて、2018年最後といえる大きな「電波障害」がソフトバンクで起こってしまいましたが、
これから年末年始にかけて、ネット検索する人も多ければ、
LINEで年賀状を送ったりする人も多く、
ネットの影響を大きく動かすことばかり。

寝正月には、huluなどの動画サイトも見られる確率は大きくあります。

▼huluよりも、実はこのサイトがおすすめなんです!▼
U-NEXT

早く全ての地域で完全復旧することを願っています。

[スポンサーリンク]