オリオンビール TOB報道で危機?買収額がヤバすぎて批判殺到!

この記事は約 3 分で読むことができます。

オリオンビール TOB報道が発表され、オリオンビールの株主が変わるのではとの懸念があります。

TOBとはいったいどんなものなのか?

果たして、オリオンビールはどうなってしまうのか?

詳しく調べてみました。

[スポンサーリンク]


オリオンビール TOB報道の真相は?

そもそもTOB報道とはどういうものなのでしょうか?

TOBとは、「株式公開買い付け」という意味で、
株式を売買する時は普通、証券取引所を使って売買するのですが、
その取引所を使わずに直接買い取る(買収)することができることです。

この「オリオンビール TOB報道」に関わっている会社は、「野村ホールディングス(HD)と米投資ファンドのカーライル・グループ」

二つの会社が共同でオリオンビールを買収し、これからの経営に携わる方針だそうです。

この報道で、アサヒビールがオリオンビールの筆頭株主として10%を保持しているのですが、一応株主として継続はするものの、野村ホールディングスの方がもしかしたら、持ち株の割合は大きいかもしれません。

オリオンビール TOB報道で、買収額がやばい!

オリオンビールを買収する金額はどれくらいなのでしょうか?

オリオンビールを買収する金額は、総額数100億円と言われています。

そんな金額を投資してまで、オリオンビールを発展させたいということは、よっぽどの販売戦略があるのかもしれませんね。

もしかしたら、海外での発売に力を入れるのでは?との報道もあります。

[スポンサーリンク]


オリオンビール TOB報道で、オリオンビール工場見学ツアーはどうなる?

オリオンビール工場見学ができるツアーがあります。

ツアーといっても、現地集合・現地解散になる工場見学です。

H.I.Sでツアーを予約することもできるようです。

この工場見学も株主が変われば何か変化があるのでしょうか?

オリオンビール TOBで野村ホールディングスなどの株主に変わったとしても、まずは何も変化はないのではないかと思われます。

むしろ、今までになかった独自の「オリオンビール工場見学バスツアー」などを作ってしまう可能性もあるかもしれませんね!

オリオンビール工場見学では、オリオンビールを2杯無料で試飲できるほか、オリオンビール工場でしか売っていない、Tシャツやマグカップ、ビアナッツなどがあり、お土産として喜ばれるそうです。

オリオンビール TOB報道のまとめ

オリオンビール TOB報道はこれから大きな話題となりそうですが、オリオンビールの発展のためにも色々な戦略で頑張ってほしいですね!

オリオンビールの歌をBEGINが歌っているほど沖縄の代表的ビールですから、沖縄の進展も期待できるかもしれませんね!

[スポンサーリンク]