ランチ後歯磨き 逆効果!歯磨き粉も必要なし?

この記事は約 3 分で読むことができます。

美味しいランチを食べた後には、すぐに歯磨きをしないと虫歯になっちゃう。。

そんな思いを持っている方は多いのではないでしょうか?

実は、ランチなどの食後に歯磨きをすることは逆効果になる!という研究結果がでました!

しかも、ランチ後歯磨きは逆効果だけでなく、口臭の原因になることも。。

詳しく解説します!

[スポンサーリンク]


ランチ後歯磨き逆効果なのはなぜ?

ランチ後は、
「何か歯に挟まっているかも」
と考えたり、
「口臭がきになる。。」
と考える方もいるでしょう。

それを防ぐためにも、
ランチ後歯磨き」が効果あると感じていると思いますが、
実はそれは大きな間違いだったんです!

ランチ後の歯磨きはなぜ逆効果なのでしょうか?

ある先生は、こういう見解を出されていました。

食後は歯の表面が酸で溶けています。

そこで歯磨きをしてしまうと、歯に傷をつけてしまうのです。

実はランチ後には、食べ物を溶かすための酸が歯についていて、
その歯の表面はもろくなっている状態になります。

その酸がついている歯を、すぐに磨いてしまうと、
歯の表面を覆っているエナメル質が破壊され、歯の表面が崩れ落ちてしまうんです。

実は、筆者はこれでえらい目にあい、前の歯全部の表面がかけてしまうという最悪の事態になりました。

ノルウェーやフィンランドでは、ランチ後歯磨きをするのではなく、ガムなどの代用品で、口臭を抑えたりするように呼びかけているそうです。

今現在も、学校などで「ランチ後歯磨き」を進めている場所もあるようですが、
それは昔の考え方で、今は逆効果になることを知っておかなければいけません。

ランチ後歯磨き逆効果にならないための予防策は?

ランチ後は、せっかく唾液が十分出ている時間帯ですから、
食後30分から1時間は歯磨きをしないことをお勧めしています。

ランチ後に、すぐに酸が消えることはありません。

歯磨きをすぐにすると逆効果になることはお分かりいただけたと思うので、
「どうしても歯についていないか気になる」
などがありましたら、最低でも「30分」は時間を空けるようにしてください。

ちなみにランチ以外でも、食後すぐの歯磨きは「逆効果」ということを覚えておきましょう。

大体は、なかなか歯を磨けない人や喫煙者などでない限り、
1日朝と夜の2回の歯磨きでOKだそうです。

[スポンサーリンク]


ランチ後歯磨きをする以外にも逆効果になる?

健康のためにと黒酢を飲んでいる方や、
果物を多くとったときも同じことがいえます。

なんと、食べ物を食べた後だけでなく、
酢や果物にも、「酸」が入っているそうです。

また、ドリンクも同じことが言えます。

特に炭酸飲料は、酸が入ったものを口に入れて飲むわけですから、
そのシュワっとした感覚のまま歯磨きをすると、必ず歯を傷つけてしまいます。

歯磨きもメリットだらけではないことを覚えておきましょう。

ランチ後歯磨き逆効果のまとめ

ランチ後に歯磨きは逆効果の意味がお分かりいただけたでしょうか?

ランチ後、歯ブラシを持って歯磨きに行く同僚を見かけた際には、
歯を痛めることを教えてあげましょう。

歯は一生ものですから、大事にして笑顔でいつまでもいたいですね!

[スポンサーリンク]