浸水した車は使用不可能なのはなぜ?浸水や冠水被害にあわれたら要注意!

この記事は約 2 分で読むことができます。

大雨の被害が各地で広がり、西日本では大きな災害となっていますが、
あなたの地域は大丈夫でしょうか?

実は災害で気をつけなければいけないこととして、
「浸水・冠水した車(車両)」の取り扱いに注意が必要なんです。

具体的に注意するべきことをまとめてみました。

[スポンサードリンク]


冠水・浸水した車は使ってもいい?大丈夫?

結論からいうと、浸水・冠水」した自分でエンジンをかけて動かすことは、
絶対にやめてください!!

水に浸かってしまった車は、車の構造の中に「水」がまだ残っているかもしれないので、
その水が電気経路やバッテリーと反応すると「ショート」して「火災」などに発展する危険性があります。

また、冠水している道路を走ることも危険です!

深い水たまりに入ると、エンストしてしまったり、水に浸かってしまった車のような、
同じような火災が起きる可能性があります。

冠水したり、浸水した時点で「エンジン」を切るようにしましょう!

[スポンサードリンク]


冠水・浸水してしまった車の対処方法は?どうすればいい?

大雨などで浸水・冠水してしまった車は、

エンジンは自分でかけない
・車を使うときには、購入した販売店や整備できるお店に行って相談してください。
ハイブリット車や電気自動車は、高電圧を使っているので絶対に触らないように!!
・火災のおそれを防ぐために、バッテリーの「マイナス」部分を外しておいてください。
(バッテリーと当たらないように、テープなどで巻いて防ぐ必要があります。)

これからますます大雨がひどくなる可能性もあるので、
こうした対策は必要ですね。

早くこの大雨が過ぎ去って行きますように。。

[スポンサードリンク]