ベルギー失点の原因は川島?スーパーセーブ2連発でも日本敗退。。

この記事は約 3 分で読むことができます。

ついに日本がワールドカップの決勝トーナメントに進出!

トーナメントの相手は「ベルギー」

そのベルギーは優勝候補とも言われている強敵ですが、
日本は先に「2点」も先取することができました!

しかし、一気に同点に。。

そのきっかけを作ったのは、また「川島選手」と噂になっています。

[スポンサードリンク]


川島選手は「かかし」になっていた?

1試合目からフル出場の川島選手。

色々な批判を受けながらも、川島選手が常にゴールを守っていました。

そして、今回も川島選手がスタメンに。

川島選手への批判がなかなか拭えないなか、
西野監督は「川島選手」を信じてスタメンにしたと思います。

何と言っても、ここは決勝トーナメント。

日本初の「ベスト8」がかかっている試合です。

絶対に川島選手が何かやってくれるだろうと誰もが期待していたと思います。

そして始まったベルギー戦。

前半戦は、ベルギーに追い詰められながら、
なんとかゴールをカバーして、「0−0」で前半戦を終えました。

しかし、そこでゴールをカバーしていたのは
「川島選手」ではなく「吉田麻也選手」との声もありました。

たしかに、ゴールに入る前のカットをするのは、
吉田麻也選手の方が多い感じがしました。

一方の川島選手は、「パンチングカット」が続き、
ちょっとバレーの試合を見ているかのような雰囲気に。。

ボールを掴むことができなくなっていたのかもしれないですね。

吉田麻也選手がカットしている時の川島選手は、
棒立ちになっていて、かかし状態との声も。。

緊張感が多くあったのかもしれませんね。。

[スポンサードリンク]


ベルギーから点を取られた原因は川島選手?

そしていよいよ始まったと思われた後半戦。

ここで仕掛けてきたのは「日本」でした!

後半3分という短い時間で、原口選手が1点先取!!

強敵・ベルギーに先取したんです!!

まさかの驚きに日本中が湧き上がりました!

そして、それに続いてあの乾選手が追加点のゴール!!!

まさかの「2点先取」!!

あのベルギーに2点も先取するなんて、こんなすごいサッカーは見たことないと思います!

この時点で、誰もが「勝てる!」と感じました。

しかし、ちょっとしたことが失点に繋がるのがサッカー。

攻められてきて、遠くからのヘディングのボールを打たれた川島選手は、
ボールの流れに乗ることができずに、ベルギーから失点を許してしまいました。

その失点のせいで、また川島選手が責められてしまいます。

いつもパンチングが目立っていた川島選手だっただけにしょうがないことなのかもしれませんね。

[スポンサードリンク]


川島選手が最後に魅せたスーパーセーブ2連発!

川島選手は、何かと言われてそのまま黙っている選手ではありませんでした。

またまたベルギーに攻められてピンチになった日本でしたが、
ここで川島選手は、見事ボールを弾き飛ばしてセーブしました!

と思いきや、まだそのボールは生きていて、
またもやベルギーからゴールが!!

そのボールを川島選手は海老反りでゴールを回避!!

ここで川島選手の「本気」が見れた気がします!

川島選手はベテランで歳もいってるかもしれないけど、
男気あふれる守ってやろうと意欲ある選手!

ここはすごく魅せてくれた部分はすごいと感じました!

結局、敗退とはなってしまいましたが、
どの選手もすごい感動あるプレーを見せてくれました!

感動をありがとう!

胸をはって帰国してきてほしいですね!

[スポンサードリンク]