バティスタの復帰はいつ?ドーピング陽性の原因は口の中?登録抹消でカープ危機!

この記事は約 3 分で読むことができます。

広島カープといえば、バティスタのホームランが有名です。

誠也も結構ホームランを打っていますが、
今季ブレブレの広島カープを奮起させてくれたキッカケともなったのがバティスタともいえるでしょう。

しかし、そんなバティスタがドーピング陽性とは。。

バティスタの今後や復帰、ドーピングの陽性の原因などを調べてみました。




バティスタのドーピングが陽性になった原因は?

バティスタのドーピング陽性が発覚したのが「6月」

その間にバティスタの出場が認められていたこともすごいですが、
おそらく「6月」にドーピング検査を行って、そこから詳しい検査に時間がかかったのではないかと思います。

バティスタがドーピングになった原因は、
・バティスタ自ら能力を上げるためにドーピングを行った。
・バティスタ自身がたまたまドーピングに引っかかるものを食べたか飲んだ。
・誰かにドーピングに引っかかるようなものを飲み物に入れられた。

のどれかに当たると思います。

しかし、誰かにドーピングに引っかかるようなものを飲み物に入れられたとしたら、広島カープの同じ選手の誰かの可能性が高いので、余計にややこしくなります。

そんなことはないと考えたいところですが、カープ選手同士の争いだとしたら、カープは潰れちゃう気がします。

まあ、あのカープのチーム一丸の考え方から、一番確率の低い原因だと思います。

4月のカープは、どん底に落ちるほど勝てなかったカープでした。

しかし、5月には一気に巻き返し、一時1位になるほど勢いのあるカープに返り咲きました。

そのときにも、バティスタは多くのヒットやホームランを連発。

その後のドーピング検査なんで、ちょっとバティスタにあまり良い目がいかない気もしますね。。

[スポンサーリンク]


バティスタは故意にドーピングを行った?

バティスタは故意に自分でドーピングにひっかかるものを体に入れたのでしょうか?

バティスタ自身が自分で入れたとは考えにくい部分もあります。

バティスタは、今回のドーピング陽性に関して、
大変ショックを受けてるようで、
そんな気もなかったのに、うっかりドーピングだった可能性もあります。

バティスタは今、自宅謹慎となり、広島カープの今日の試合もバティスタ不在で横浜に大差で完敗。

今後の広島カープにも影響が出そうですね。。

バティスタの復帰はいつ?野球選手生命はどうなる?

バティスタは復帰できるようになるのでしょうか?

広島カープから退団のおそれもあります。

今季はもうバティスタを見ることはできないのでは?とも言われています。

ドーピングがひっかかると、やっぱりそういう考えにはなりますよね。。

巨人でも過去に退団に追い込まれた選手もいることから、
避けては通れない壁かもしれませんね。。

バティスタの復帰やドーピング陽性のまとめ

バティスタは、1回目のドーピング検査だけでなく、予備としてとったドーピング検査の容器もひっかかったと報道されています。

故意にひっかかる薬や栄養剤を飲んだとは言い切れませんが、
バティスタのいないカープ、バティスタの今後が気になるところですね。。

[スポンサーリンク]