スアレス選手のフリーキックゴールはロシア選手の4番がコースをあけたから?

この記事は約 2 分で読むことができます。

ワールドカップで、ロシア対ウルグアイの試合が始まりました。

ロシアにとっては自分の国での開催をしている分、
ちょっとでも活躍しているところを見せたいという思いがあると思いますが、
前半戦でウルグアイに2点を取られるという失態に。。

しかも、1点はスアレス選手の華麗なるフリーキック。
2点目はロシアの「オウンゴール」という結果に、
ロシア内では落胆の声があがっています。

ウルグアイのスアレス選手はなぜゴールできた?

ウルグアイのスアレス選手といえば、誰もが注目をしている有名な選手です。

ロナウドやメッシなどではないかもしれませんが、
ウルグアイでは要注意人物に匹敵する選手でしょう。

そんなスアレス選手は、ロシアからチャンスをもらったフリーキックで、
見事シュートを決めて、先制点を勝ち取りました。

あのコースを決めたシュートの打ち方には、
日本のサポーターも感嘆の声でした。

しかし、よく見てみるとロシア選手もその「得点」に加算しているような風景でした。

ウルグアイのスアレス選手がフリーキックをする時のロシア選手の行動は?

ロシアにとっては絶体絶命な状況だったスアレス選手のフリーキック。

ロシアとウルグアイで壁を作ってのゴール前だったのですが、
ロシアの4番選手は何を思ったのか、ウルグアイ選手をゴール外に押し込む仕草を見せます。

その瞬間に、ゴールはがら空きとなり、キーパーも追いつけないような場所に華麗にシュートしたスアレス選手。

ロシアの4番選手の判断ミスとも言えますね。

ここで先制点をとられたにもかかわらず、
ロシアはオウンゴールでの失点となり、ウルグアイに歯が立たない展開となってきました。

ロシアとウルグアイの後半戦の結果は?

執筆中です。