給付金の申請から振り込みまでどうやるの?都道府県で申請方法を確認!

この記事は約 5 分で読むことができます。

ネタ速報.xyzへようこそ!

新型コロナがなかなか終息しない今日この頃。

新型コロナによって、「特別定額給付金」が振り込まれることが、国会で決定しました。

特別定額給付金ってなに?
申請とか振込ってどうやったらできるの?

そんな疑問を抱いてるアナタに、詳しく解説しますので、
参考にしてみてください!

そもそも特別定額給付金ってなに?

「特別定額給付金」ってどんなお金か知ってますか?

「そんなのもう知ってるよ!」という方が大半だと思いますが、実は知らない人も多いんです。

特別定額給付金」とは、新型コロナの影響で家計が厳しい状況の中、少しでも手助けになればと閣議決定された給付金です。

最初は、月何万円以下の収入じゃないといけないとか、変な条件があった給付金でしたが、今回は基本的に全ての国民が対象になります。

給付金の内容は以下が主な内容です。

  • 給付金額:10万円
  • 対象者:2020年4月27日時点で、住民基本台帳に登録されている方
  • 申請方法:オンラインまたは申請書を郵送
  • 給付方法:指定の銀行へ振込
  • 申請期限:申請開始から3ヶ月以内

オンライン?郵送??なんのこと?

と感じてるそこのアナタ。

よくわかります。

全く内容を確認していなければ、意味がわかりませんよね。

そもそも、「住民基本台帳ってなに?」と個人的には感じちゃいました。

詳しく内容をまとめると・・・

・2020年4月27日時点で住民票がある人が対象。

今年の4月27日に、どこかに住民票がある人が対象になります。

外国人の方でも、住民票や3ヶ月以上の滞在資格がある方が対象になります。

ここで問題が一つ。

それは「4月27日」。

4月27日という日付が非常に重要で、下記の人はご注意ください。
・4月27日までに生まれた赤ちゃんは、「給付対象」です。
・4月28日以降に生まれた赤ちゃんは、「給付対象外」です。
・4月27日以降まで生きておられた方は、遺族が同じ世帯に限り「給付対象」です。
・4月27日前までに亡くなられた方は「給付対象外」です。

また、この「4月27日」は、住民票にも響きます。

・転出届に「転入予定日」を「4月27日」以前と明記した人は、引っ越し先の住所に申請書が郵送されます。
・転出届に「転入予定日」を「4月27日」以降と明記した人は、引っ越し前の住所に申請書が郵送されます。
→郵便局に転送届を提出するか、お住まいの自治体の給付金のお問い合わせ先にご連絡ください。

こんなにも、日付と住民票によって左右されるとは思わないですよね。。

「4月27日」という日付が本当にビックなキーワードになるので、その付近に何か起きた方は注意が必要ですよ!

10万円の定額給付金はどうやって申請するの?

「住民票あったら、10万円の給付金もらえるんでしょ?」
「早く欲しいのに、申請方法どうするの??」

と考えてる方も多いのでは?

実は申請方法や時期は、これまた各自治体によって違うんです。

早いところはもう申請書の郵送なども始まり、給付が始まっているところもあります。

個人的には、あまり大きくない自治体がすぐに対応できてるのでは?と感じますね。

申請方法は、大きく分けて2つ。

「オンライン申請」「郵送での申請」です。



オンラインで申請するやり方

オンラインなら、すぐに申請できる!とお考えの場合、甘い考えだと捉えてください。

オンラインの場合、まず「マイナンバーカード」が必要です。

マイナンバーカードは、用紙が郵送されてきたと思いますが、その用紙が「マイナンバーカード」ではないことは知ってますか?

マイナンバーカードは、その用紙に必要事項を記入して郵送しないと、マイナンバーカードは届きません。

し・か・も!

今からマイナンバーカードを申し込むと、手元に届くのは「約2ヶ月後」です。

そんなことをしている間に、「郵送での申請」がはじまります。

マイナンバーカードを持っていない人は、郵送での申請をおすすめします。

オンライン申請は、パソコンとスマホのどちらでも申請できます。

しかし。パソコンの場合、マイナンバーカードを読み取るための「カードリーダー」という付属品が必要です。

カードリーダーは、実はこの申請のためにわざわざ購入する人が多いので、売り切れ続出らしいです。

また、スマホで申請する場合、「マイナンバーカードの暗証番号」が必要です。

ここで、マイナンバーカードの暗証番号を「4回」まで間違えることができますが、5回以上間違えると、申請できなくなります。

「オンラインの方が早くて簡単!」と思いがちですが、色々な壁があることを知っておいていただけたらと思います。

「ネットのやり方はちょっとわからない。。」と感じている人は、郵送での申請をおすすめします。

郵送で申請するやり方

郵送での申請方法は、郵送でアナタの4月27日時点での住所に申請書が郵送されるので、必要事項を記入して添付されている返信用封筒に入れて郵送することで、後日振り込まれます。

基本的に郵送もネットも「世帯主」に、家族分が振り込まれるので、住民票が今どうなっているのか?を今一度ご確認しておいてください。

印鑑や銀行関連のコピー、本人確認書類などの用意も必要ですが、内容を確認して記入後郵送なので、比較的楽に終わると思います。

10万円の給付金はいつもらえるの?

10万円の給付金は、住民票があれば誰でももらえる給付金です。

いつもらえるのか?となると、これまた各自治体によって変わってくるのが現状です。

オンライン申請が早めに始まったので、オンラインの振込から早く始まりますが、全国的には5月の間では郵送が開始するのではないかと思います。

各自治体の申請から振込の時期を確認を必ずするようにしてください。

また、郵送での申請書の書き方も様々で、用意しなければいけないものも様々となっています。

なんで統一しないのか!と思っちゃいますが、こればっかりは10万円をもらうためにも、なんとか不備のないように申請するようにしましょう。

給付金の申請から振込までのまとめ

給付金の申請方法から振込までの内容をお知らせしましたが、余計にわからなくなった!や、こんな時ってどうなの?と感じた方は、自治体のホームページなどもご確認ください。

私の知っている内容についてはお答えできる限り、お答えしようと思うので、もし何かありましたら、コメントお待ちしてます♪